FUGUYANAGI

Welcome to fuguyanagi

ふぐの海洋性コラーゲンでお肌ぷるぷる

コラーゲンが美容に良いということは皆さんもご存知と思います。年齢を重ねてもふっくらハリと弾力があるお肌を保ちたいものです。

しかし肌を形成するコラーゲンは年齢とともに減少してしまいます。細胞と細胞を繋げているのがコラーゲン、そのコラーゲンが減少すると、シワやたるみといった現象がおこります。コラーゲンが細胞と細胞をキレイに整列させる働きをしてくれると、ふっくらと張りと弾力がある、きめ細かな肌になるというわけです。

あら~、コラーゲンなら毎日、牛筋や手羽先を食べてとっているわよ。というあなた、コラーゲンなら何でもいいと思っていませんか?動物性のコラーゲンと海洋性コラーゲンでは吸収力に違いがあります。ふぐの海洋性コラーゲンは分解されやすく吸収されやすいのです。

ふぐで効率的にコラーゲンをとる

コラーゲンを効率よく体内に取り込みたいなら「ふぐ」がおすすめ。ビタミンCと一緒に食べると効率よくコラーゲンの生成に役立ってくれます。ふぐはビタミンCが豊富なポン酢でいただきます。美容に最適な食材なのです。

ふぐ刺し

ふぐの身の中に含まれるコラーゲンの多さは、他の魚と比較しても断トツ多いのが特徴です。薄くてもシコシコと弾力が強い理由はコラーゲンが多い証です。魚の身自体にコラーゲンを含んでいる魚は数ありますが「ふぐ」は最もコラーゲンの多い魚の類に入ります。

スープを使ったお料理


ふぐのスープを使ったお料理、てっちり鍋や雑炊、茶わん蒸しはふぐのコラーゲンを一滴とも余すことなく体内に取り込めます。

ふぐ皮の湯引き


ふぐ皮には上質の海洋性コラーゲンがたっぷり含まれています。
ふぐ皮は、背の黒い「真皮」、お腹部分の「白皮」、背部分の「黒とおとうみ」、お腹部分の「腹とうとうみ」の4種類あります。コラーゲンそのものであるゼラチン質の歯ごたえは、それぞれ異なった噛み応えがあり、あっさりとしたおいしさです。ぷるぷるのコラーゲン触感を楽しめます。

ふぐのお腹がぷ~っと膨らむのはコラーゲンの弾力

ふぐは高たんぱく低カロリー

ふぐは、高たんぱく質で低脂肪な身をもつ低カロリーな魚です。 なんと「ふぐの皮」に含まれている脂肪分は、ほとんどゼロに近く、皮のゼラチン質には海洋性コラーゲンがたっぷりと含まれている美容に嬉しい食材なのです。

まとめ


みなさんもぷるぷるの「ふぐ」を食べて、ふっくら張りと弾力があるお肌になりませんか。

FUGUYANAGI

Copyright© FUGUYANAGI , 2019 All Rights Reserved.